ロゴ
HOME>特集>放っておくと危険な虫歯!悪化を防ぐには歯医者の治療が必要不可欠

放っておくと危険な虫歯!悪化を防ぐには歯医者の治療が必要不可欠

治療器具

虫歯を放置することで起こる影響

虫歯になっていても痛みが特に無いという場合は、歯医者さんに行くことを止めてしまう大人は多いでしょう。虫歯治療となると症状が酷くなればなるほど、治療回数も増えてしまい面倒と感じる人が多いため、痛みが無いと受診を躊躇してしまいがちです。ただ、虫歯を放置してしまうと最終的には大切な歯を抜かなければいけないケース、さらに脳梗塞や心筋梗塞といった重篤な疾患を発症するかもしれません。虫歯は症状が進むとエナメル質や象牙質部分だけでなく、より深く症状が進行すると神経が壊死してしまいます。神経にまで症状が到達している場合は、いくら歯を削って被せ物をしても歯としての機能を取り戻せないため、抜くしかなくなるのです。また虫歯菌が血中に入り込み、脳や心臓部分に行ってしまうと命を失う危険性さえある、脳梗塞や心筋梗塞を引き起すケースも考えられます。このように、たかが虫歯と考えていると重い症状を招いてしまうので、少しでも異変を感じたら歯医者さんに相談しましょう。名古屋市内にある歯医者さんであれば虫歯治療は受けられますし、虫歯予防の治療も数多く行われているので安心です。

レディ

無痛治療で虫歯が治療できる

虫歯の治療は痛みがあるから苦手・・と感じるのはお子さんだけでなく大人も同じですが、最近は無痛治療といって痛みの少ない治療を行う歯医者さんも少なくありません。名古屋市内にある歯医者さんでは、虫歯に対してどのような無痛治療を行っているのかチェックしてみましょう。痛いと感じる大きな要因となる麻酔のための注射を、できるだけ痛みを感じないよう麻酔薬をひと肌に温めたり、とても細い注射針で注入したりという工夫が行われています。また虫歯の治療で歯を削る音に強い恐怖心があり、音を聞いただけで痛みが増してしまうというケースも多いようです。歯を削る音が苦手という場合はカリソルブ治療といって、特殊な薬剤で虫歯部分を溶かす虫歯治療を検討してみましょう。カリソルブ治療であればドリルで歯を削る音がしないので、音によってより痛みが増幅されることを防ぐことができます。